その他の関連情報

持ち手と本体をつなぐ役割を担い、荷物の入ったバッグの重みが直接的に掛かる部品、それが根革です。根革は、重量のある荷物を持ち歩く機会が多ければ多いほど負担が掛かるので、壊れてしまうリスクもそれだけ高くなります。根革の修理・交換を行なう専門業者では、初めに壊れた部品と取り外す作業から取り掛かります。先ほども述べたように、根革は、本体とつながっている部品なので、取り外す際には、本体に傷をつけないよう、注意する必要があります。取外しの作業が終わったら、次に、交換するパーツの加工を行ないます。基本的には、似ている革を選定し、元の根革と類似したパーツを作成することとなります。根革の修理をするために必要となる時間やコスト、作業の可否は、交換するパーツの作成が可能な革の有無によって変わって来ます。

代わりの革が見つかり、根革の複製品ができ上がったら、それを専用のミシンで縫合する作業に入ります。その後は、根革を持ち手とつなぐための金具を取り付け、持ち手を元の状態に戻して、作業が完了します。根革の修理は、作業の規模としてはそれほど大きなものではありません。特に、代替となる革の在庫がある場合、修理に掛かる時間は短くて済みます。