根革修理の概要など

バッグを構成している部品の中でも、持ち手と本体を繋ぐ部分の革は、「根革」と呼ばれています。バッグ本体が使用可能な状態にあったとしても、根革が切れてしまうと、バッグを使うことは難しくなります。そのような問題を解決するためには、根革の修理や交換をするという選択肢があります。根革が切れてしまった場合、取り除いて、似ている革で新たに作成し、取り付ければ、使えなかったバッグもまた使用可能な状態となります。そのように、修理や交換をすると、新しいバッグを購入するよりも負担するコストが少なくて済むというアドバンテージがあります。その他にも、愛着のあるバッグを処分する必要が無くなり、物を大切にする心を養ったり、リサイクルやエコロジーに貢献したりすることができるのも修理・交換のメリットと言えます。

バッグの根革の修理・交換は、専門の業者に依頼することが可能です。バッグは、持ち手や根革、内袋、パイピング、ファスナー、金具など、さまざまな部品によって構成されています。そうした部品の種類や作業内容によって、バッグの修理に掛かる料金は変わって来ます。手持ちのバッグを修理してもらいたい場合、業者に依頼すれば、修理代金の見積りを行なってくれます。