修理の作業手順など

専門業者にバッグの切れてしまった根革の修理・交換を依頼すると、まず、バッグ本体から壊れている革を取り外す作業が行なわれます。その後、似ている革を切り出し、パーツを加工し、専用のミシンで本体に縫いつけてから、最後に金具を取り付けて作業が完了します

根革は、バッグの持ち手と本体をつなぐ役割を果たす部品で、その形状にはさまざまなバリエーションが存在します。バッグの中でも、最も負荷の掛かるのが根革の部分なので、根革が切れるなどの問題は数多く発生します。根革が切れ掛かっている場合、その部分を補強するか、新たに作成した部品と交換するか、どちらかの方法で対処する必要があります。そのように、根革の修理や交換を行なう場合、仕上がりのコンディションが問題となります。例えば、作業の方法や、新しく取り付ける部品の選定を間違えると、外見的な印象から、修理・交換したことが明らかに分かるような仕上がり状態になってしまいます。そればかりか、不適切な方法で作業を行なった場合、根革の強度・耐久性が不足し、またすぐに切れてしまうなどのトラブルも起こり兼ねません。そういったリスクを回避するためには、利用する業者の選定方法に気を配ることが大切です。