その他の関連情報

持ち手と本体をつなぐ役割を担い、荷物の入ったバッグの重みが直接的に掛かる部品、それが根革です。根革は、重量のある荷物を持ち歩く機会が多ければ多いほど負担が掛かるので、壊れてしまうリスクもそれだけ高くなります。根革の修理・交換を行なう専門業者では、初めに壊れた部品と取り外す作業から取り掛かります。先ほども述べたように、根革は、本体とつながっている部品なので、取り外す際には、本体に傷をつけないよう、注意する必要があります。取外しの作業が終わったら、次に、交換するパーツの加工を行ないます。基本的には、似ている革を選定し、元の根革と類似したパーツを作成することとなります。根革の修理をするために必要となる時間やコスト、作業の可否は、交換するパーツの作成が可能な革の有無によって変わって来ます。

代わりの革が見つかり、根革の複製品ができ上がったら、それを専用のミシンで縫合する作業に入ります。その後は、根革を持ち手とつなぐための金具を取り付け、持ち手を元の状態に戻して、作業が完了します。根革の修理は、作業の規模としてはそれほど大きなものではありません。特に、代替となる革の在庫がある場合、修理に掛かる時間は短くて済みます。

修理の作業手順など

専門業者にバッグの切れてしまった根革の修理・交換を依頼すると、まず、バッグ本体から壊れている革を取り外す作業が行なわれます。その後、似ている革を切り出し、パーツを加工し、専用のミシンで本体に縫いつけてから、最後に金具を取り付けて作業が完了します。

根革は、バッグの持ち手と本体をつなぐ役割を果たす部品で、その形状にはさまざまなバリエーションが存在します。バッグの中でも、最も負荷の掛かるのが根革の部分なので、根革が切れるなどの問題は数多く発生します。根革が切れ掛かっている場合、その部分を補強するか、新たに作成した部品と交換するか、どちらかの方法で対処する必要があります。そのように、根革の修理や交換を行なう場合、仕上がりのコンディションが問題となります。例えば、作業の方法や、新しく取り付ける部品の選定を間違えると、外見的な印象から、修理・交換したことが明らかに分かるような仕上がり状態になってしまいます。そればかりか、不適切な方法で作業を行なった場合、根革の強度・耐久性が不足し、またすぐに切れてしまうなどのトラブルも起こり兼ねません。そういったリスクを回避するためには、利用する業者の選定方法に気を配ることが大切です。

根革修理の概要など

バッグを構成している部品の中でも、持ち手と本体を繋ぐ部分の革は、「根革」と呼ばれています。バッグ本体が使用可能な状態にあったとしても、根革が切れてしまうと、バッグを使うことは難しくなります。そのような問題を解決するためには、根革の修理や交換をするという選択肢があります。根革が切れてしまった場合、取り除いて、似ている革で新たに作成し、取り付ければ、使えなかったバッグもまた使用可能な状態となります。そのように、修理や交換をすると、新しいバッグを購入するよりも負担するコストが少なくて済むというアドバンテージがあります。その他にも、愛着のあるバッグを処分する必要が無くなり、物を大切にする心を養ったり、リサイクルやエコロジーに貢献したりすることができるのも修理・交換のメリットと言えます。

バッグの根革の修理・交換は、専門の業者に依頼することが可能です。バッグは、持ち手や根革、内袋、パイピング、ファスナー、金具など、さまざまな部品によって構成されています。そうした部品の種類や作業内容によって、バッグの修理に掛かる料金は変わって来ます。手持ちのバッグを修理してもらいたい場合、業者に依頼すれば、修理代金の見積りを行なってくれます。

根革交換のバッグ修理

手持ちのバッグの根革部分にトラブルが発生し、困っている人も見受けられます。このような問題を解決するためには、専門業者にバッグ修理を依頼するのも1つの選択肢です。

根革とは、バッグを構成する部品の中で、持ち手と本体をつなぐ部分に使われている革のことです。根革が切れると、バッグ本体が無傷のコンディションであっても、そのバッグを使用することが難しくなってしまいます。根革の修理・交換を業者に依頼すると、元の革と似ている革で、新しい部品を作成し、取り付け作業を行なってくれます。このようにして、根革の修理・交換が終わり、バッグが再び使用可能なコンディションとなれば、新しいバッグを購入する場合よりも負担するコストが少なくて済みます。また、お気に入りのバッグを処分しなくて済むほか、物を大事にする気持ちを育み、リサイクルや地球環境の保護にも貢献することが可能となります。バッグの根革を修理・交換してくれる業者にも数多くのところがあり、それぞれに特徴の違いがあるので、業者の選び方もチェックポイントとなります。例えば、外見的な印象で、後から修理・交換したことが分からないほどの状態に仕上げてくれる業者は、利用価値がそれだけ高くなります。

当サイトでは、バッグの根革修理に関する情報を、いろいろとお届けしてまいります。所有するバッグの根革にトラブルが起こり、困っている方は、ぜひご参考に、お役立ていただけますと良いかと思います。